Entry: main  << >>
6月9日のコアスタッフ会議の報告−小学生
0
    きょうの会議(かいぎ)から、まちのことをかんがえていきます。

    まずさいしょは、
    中高生と、ことしのCBTでやりたいお店や選挙(せんきょ)のことについて相談(そうだん)をしました。
    中高生のアイデアと小学生のアイデアがうまくミックスできるといいですね。


    つぎはいよいよ、みんなでかんがえるワークです。
    CBTはみんなでつくる小さなまちです。
    どんなまちになればいいかな、、?
    みんなで「理想(りそう)のまち」をかんがえました。

    はじめに、自分の住んでいるまちを思い出しながら、
    わたしのまちにあるもの、あることをかんがえました。
    ひとりで考えて、

    みんなのアイデアを合体させます。

    そしてさいごに、
    みんなで考える理想(りそう)のまちを大きな紙に書いて発表(はっぴょう)をしました。

    発表会には、中高生もききにきてくれて、なつみ市長からよくがんばったね!とのコメントももらいました。

    3つのグループで考えた理想のまちは、みんなの思いがつまったすてきなまちでした。

    この理想のまちのアイデアを、
    どうやったらCBTでいかすことができるでしょうか?

    できることをみつけて挑戦(ちょうせん)していきましょうね。

    まちはぜんぶお菓子で出来ていて、乗り物はジェトコースター!
    タイトルは「すきなものしかないまち」

    お菓子の家があって魔女!がいて、「夢のある楽しいまち」

    太陽光発電があって、建物はつながっている、病院は無料で受験はない。
    まちには芸能人やキャラクターがいて、
    とにかくみんながなかよく暮らせるようにと、テーマは「なかよしのまち」!






    | 千葉市こどものまちCBT | 10:01 | - | - | - |