Page: 1/2   >>
CBT2015 5月21日の活動記録
0
    こども52名(小学生35名、中学生11名、高校生6名)
    ユース19名、大人も4名
    合計76名(大賑わい)

    午前中は、「理想のまち」という題材で、模造紙や段ボールを使って、まちの設計を考えました!
    今年は、CBTのまちの中に、電車が通り、塾や保育所のようなところもできるかもしれません!!



    また、午後14時からは、高学年のこどもたち20名、ユース17名の37名で、カンドゥーの見学にも行ってきました!
    まちを運営する側として、カンドゥーのスタッフさんより、まちの仕組みを細かいところまで見てきました!きっと、CBTにも活かされてくるはずです!



    | 千葉市こどものまちCBT | 11:31 | - | - | - |
    CBT2015 第1回のコアスタッフ会議
    0
      小学生30名
      中学生11名
      高校生6名
      合計コアスタッフ参加者数47名

      大学生ユース5名
      OBOGの社会人3名
      大人スタッフ9名

      本日の参加者数64名!!



      午前中10時〜12時までの活動の様子
      うみ市長が欠席でしたが、代役の野村副市長が頑張ってくれました!!
      副市長あいさつ

      DVD鑑賞

      アイスブレイク(椅子取りゲーム、名前伝言ゲーム)

      グループ分け(食べ物屋、ゲーム関係、その他)して話し合い
      出したいお店、必要なお店を考えました。
      カットフルーツ屋、スイカ割り、流しそうめん、巨大迷路、神社などなど




      午後の活動(中高生と小学生高学年)
      午前中に出たお店の案を精査。
      まだまだお店の確定にはいたりませんが、公共系は各担当のリーダーが決まりました!!
      次回からはそれぞれチームで動いていきます。
      今回参加しなかった人も大丈夫。次回は参加してね。



      | 千葉市こどものまちCBT | 16:28 | - | - | - |
      5月18日のコアスタッフ会議の報告
      0

        5月のコアスタッフ会議は、今年のまちのお店(食べ物、遊び、公共など)のアイデア出しと担当を決めました。
        お店の内容を決める前に、大人スタッフから食物アレルギーの話を聞きました。

        CBTでは「すべての子どもたちが参加できる」ということを大事な目標の1つにしています。
        車いすでの会場に入れるように通路の幅を気にしたり、小さい子の安全を考えたりと言ったことと合わせて、毎年CBTのお店ではアレルギー表示に取り組んだり、できるだけ多くの人が食べられるメニューを取り入れたりといった工夫をしています。

        食物アレルギーに対しては、これまでは大人が工夫して取り組んできましたが、今年はコアスタッフみんなで共有することになりました。
        小学生でもわかるように、紙芝居やクイズなどをしながら教えてもらいました。
        またみんなで楽しむためには、腐りやすいものは使わない、手をきちんと洗うといったような、
        衛生面での注意も重要です。

        そんなことを確認した上で、市長が中心となってお店のアイデア出しと担当を決めました。
        5月のコアスタッフ会議を欠席した人も大丈夫です。
        6月・7月の会議の中で自分の思いを市長に伝えてね。


        会議の様子は、高校生のコアスタッフの報告で紹介します。


        今日は、大人の方より『食物アレルギー』のお話をしてもらいました。

        『好き嫌いと、アレルギーで食べられないのは違うんだよ。』
        『この食べ物には何のアレルギー源が入ってるかな?』

        みんなでクイズや、紙芝居を見て、アレルギーについて勉強!
        目からうろこでした。

        アレルギーの話のあとは、今年出すお店を考えました。

        『食べ物系でも、保健所の関係で出せないものもあるよ!』
        『アレルギー源の少ないお店も欲しいね!』
        『ゲーム、何やりたいかなぁ〜』


        (この他にゲーム、まちの仕事などのアイデアを出しをしました)

        下は、小学1年生から、上は高校2年生まで。
        みんながひとつになって考えました。
        どのお店も、着々と進んでいきそうです。


        次回は6月15日(日) 13時に子ども交流館多目的室に集合です。

         
        | 千葉市こどものまちCBT | 10:56 | - | - | - |
        4月20日のコアスタッフ会議の報告
        0
          CBT2014にむけてのコアスタッフ会議が始まりました。
          新コアスタッフもたくさん来てくれましたね。

          はじめに、こどものまちについての説明をしました。
          去年のDVDを見ながら、市長がこどものまちのしくみやまちのようすを話してくれました。

          続いて、まずはみんなで仲良くなろう!ということで、ジェスチャーゲームをしました。
          初めて会った人も、いっしょに遊ぶと仲良くなれますね。みんな楽しそうでした。

          遊んだあとは、みんなで真剣な話し合い。今日は
          まちのレイアウトを決めます。
           
          3つの班に分かれて、どんなレイアウトがいいか考えて、発表しました。

          これまでと大きくは変わりませんが、去年うまくいかなかったことと合わせた提案や、
          ステージの位置に関して提案がありました。


          ・銀行の並び方に工夫をして、お仕事センターに列がのびないようにしたい。
          ・お仕事カードの返却システムを変えることと合わせて、銀行とお仕事センターの場所を考えたい。
          ・センターステージにしたい。

          センターステージ案は今回は採用されてませんでしたが、
          その他の部分は3つの班で同じような提案があったので、
          これから具体的に決めていきましょう。と市長がまとめてくれました。

          次回は5月18日(日) 13時から15時。場所は子ども交流館の多目的室です。
          どんなお店をつくるか決めていきます。

          現在、2014年度のコアスタッフの登録受付中です。去年からの人も登録が必要です。
          会議に参加出来なかった人は、こども交流館の受付で登録用紙をもらってくださいね。





           
          | 千葉市こどものまちCBT | 19:24 | - | - | - |
          3月28日の中高生会議
          0


            市長を中心に、4月からのコアスタッフ会議の進め方を相談しました。
            次回4月20日は新コアスタッフも入ってくるので、
            去年のCBTの様子を記録したDVDを見たり、ゲームをしたり、まちのテーマや配置を考えることになりました。




            また課題としては、中高生のコアスタッフが少ないということ。
            そこで、市内のイベントに参加してチラシを配ったり、
            CBTの楽しさを伝えるようなことに挑戦してみてはどうか、、という案が上がりました。
            イベントに参加する件は、引き続き中高生コアスタッフで検討をしていくことになりました。

            4月20日からCBT2014が始まります。
            小学生から高校生で、コアスタッフになりたい人は、ぜひ参加してください。
            13時から15時。場所は交流館の多目的室です。
            | 千葉市こどものまちCBT | 17:18 | - | - | - |
            CBT2013の振り返りと来年にむけて
            0
              8月のCBT本番の後もコアスタッフの活動は続いています!

              ■その1
              9月23日(祝)「CBT2013の振り返りと市長バトンタッチ」


              ,茲ったこと△Δ泙いかなかったことM菁はこうしたい!
              3つのことを個人で考えて書き出したあとに、一番言いたい
              ことをポストイットに書いてホワイトボードに貼りだし、
              みんなで内容を共有しました。


              みんなが書き出してくれたことには、
              こんなものがありました。

              ,茲ったこと
              「大人があまり入ってこなかった」「たくさん来てくれたこと」
              「みんなが楽しめた」「ビブスがあってよかった」など

              △Δ泙いかなかったこと
              「調理室、アリーナとの連携がうまくできなかった」
              「けいさつの仕事」「投票率が低かった」など

              M菁はこうしたい!
              「お店をふやした」「もっとこどもたちで主体的にやりたい」
              「イベントをふやしたい」など

              会の最後には、なつみ市長からゆうな市長へ
              ハイタッチをして市長の役割を交代しました。

              なつみ市長1年間ありがとうございました!
              よかったことも課題も、来年につなげようね!


              ■その2
              9月29日(日) ミニ☆いちかわ視察

              こどものまちの仲間である「ミニ☆いちかわ」から
              出店のお誘いをいただき、小6以上のコアスタッフで
              視察を兼ねて参加してきました。
              お店は「おかしつり」と「CBT特製たこせん」を出しました。


              お店の運営をしながら、他のまちの仕組みを見たり、
              市長さんにインタビューをしたり、
              みんなそれぞれに遊んだり学んだりできました。

              他のまちを見ることで、
              じぶんたちのまちのことが分かることもあります。
              とてもいい機会になりました。
              ミニ☆いちかわのみなさん、ありがとうございました。

              ■その3
              10月15日 小学生コアスタッフがカンドゥーのプログラムづくりをお手伝い。

              小学生のコアスタッフもがんばっています。
              素敵なビブスを提供してくれたカンドゥーの
              職業体験プログラムを一足先に体験して、
              感想を伝えるという役割を担当してくれました。

              いつものCBTにはないお店、旅行会社やファッションショーなど、
              CBTに取り入れられそうなお店の提案もしてくれました。

              どうもありがとう!


              新市長のもと、
              来年のCBTに向けた活動は12月から少しずつ始まります。
              コアスタッフに登録している人には、
              メールで日程をお知らせしていきます。

              これから寒い冬に向かいますが、
              元気に過ごしましょうね。
              | 千葉市こどものまちCBT | 19:37 | - | - | - |
              準備がんばってます
              0
                準備がんばっています!!
                14日は会議、18日は親子三代でチラシを配りました。
                そして18日の夕方からは、
                大人カフェで提供するCBTスイーツを、
                お菓子の先生からレシピ指導をしてもらい試作しました。

                調理科の高校生コアスタッフがいるので実現したこの企画です。

                さすがに慣れたもので、
                手つきも鮮やかにおいしそうなお菓子ができました。
                みんなで大きさや値段、盛り付けを相談しました。

                大人カフェで食べることができます。
                (子どももCBTのカフェで買うことができます。)
                大人のみなさまは、
                おいしいお菓子を食べてCBTを応援してください!
                あまり数は作れないので、売り切れゴメンです!!!
                アーモンド味のクッキー 150円(300カフェ)
                ガトーショコラ 300円(600カフェ) 
                ダブル300円(600カフェ)

                いよいよCBTの始まる週になりました。
                子どもも大人も力を合わせてがんばりましょうね!

                | 千葉市こどものまちCBT | 22:45 | - | - | - |
                8月7日のコアスタツフ会議の報告_話し合いとお仕事カードづくり
                0
                  今日の活動は公共チームの話し合いと作業でした。 大きい子たちは、選挙のこと、税金のことなど色々と話合いをしながら決めていました。

                   小さい子たちは、工房でお仕事カードづくり。
                  もう慣れたものです!どんどんカードが出来ていきました。
                  すごいね!


                  市役所チームの話合いでは、色々と仕組みが決まりつつあります。

                  まずは税金の仕組み!
                  CBT民税(給料をもらったときに集める)10%
                  お店売上税(1日ごとに売り上げから集める)10%
                  繰越カフェ税(去年のカフェの変換時に集める)50%

                  集めた税金は、清掃局の人件費など、まちのために使われるとのこと。清掃局の人がいなかったらまちが汚いまま。
                  みんながきもちよく過ごせるまちにするために、税金を投入して、たくさん清掃局のスタッフを雇うようです。

                  もう1つは起業のしくみ
                  今年は市役所に起業課ができることになりました。
                  お店の内容を市役所に申請すると、お仕事センターへの登録や、広報の支援をしてくれるそうです。

                  なんだかほんとのまちのようになってきましたね。
                  準備は着々と進行中。

                  22日は朝10時から準備です。
                  みんな参加してね。


                  | 千葉市こどものまちCBT | 21:31 | - | - | - |
                  8月7日のコアスタツフ会議の報告_接客の練習
                  0
                    午前中は、スターバックス千葉中央店の時女(ときめ)店長さんが、みんなに接客のトレーニングをしてくれました。

                    「笑顔で元気よく相手の目をみて挨拶する。」を基本にして、どうししたら、お客さんが来てくれるかを考えたり、どうしたらお客さんがよろこんでくれるかを考えました。
                     


                    あいさつの実習では、「いらっしゃいませ。」のときの表情、声の調子などを注意しながら、練習しました。
                    人の顔をまっすぐに見てあいさつするのって意外と難しいですね。でもみんなすごくいい笑顔。ことしのCBTではすてきな店員さんがたくさんいます。

                    ぜひ遊びに来てね。



                    | 千葉市こどものまちCBT | 21:19 | - | - | - |
                    7月30日のコアスタッフ会議_お店づくり
                    0
                      −お店の準備−
                      今日の会議では、今年のカフェのデザインを決めました!
                      小学生がデザインを考えて、中高生も含めた全員で投票をしました。
                      どれもステキなデザインでしたね。
                      無事に50カフェ、100カフェ、500カフェのデザインがきまりました!当日をお楽しみに。
                      高校生からの提案で、1日中はたらく市長や市役所、選管の担当者用に1000カフェも必要とのこと。
                      1000カフェはシンプルな数字だけのカフェにします。

                      カフェのデザインが決まったあとは、お店のマニュアル作り。
                      小さい子が考えて、高校生が清書してくれました。
                      店長の仕事、店員さんのこころえなどを書いたマニュアルは、各店舗に置くことにします。


                      −まちの仕組み・公共−
                      公共チームは、23日の熊谷市長の訪問時の企画を考えました。市長も子どももみんなが楽しめる企画になりそうです。
                      現在、本当の市役所の人に調整をお願いしています。

                      まちの仕組みについては、
                      参加したコアスタッフが少なくて、十分に話し合うことができませんでした。

                      税の仕組みのこと、起業のルールが課題として残っています。
                      8月7日の会議では決めたいね。



                      | 千葉市こどものまちCBT | 15:28 | - | - | - |